電子書籍とタブレットの長所、両方とも買うなら通販で

img-1

タブレットPCは最高の「本」となります。
今、社会的に知名度が上がってきているのが、いわゆる電子書籍です。電子書籍は紙の書籍にはないメリットを持っています。先ず最初に紙の書籍よりも安値で販売されているのが長所です。

割引率は販売サイトや出版社によってピンきりですが、平均して2割から4割前後の割引率でサイトに並んでいます。紙の書籍の場合、書店の方で独自に値引きする事は出来ませんが、電子書籍の方であれば販売するサイトの方で独自に値段を設定する事が出来ます。


電子書籍の販売サイトでは日常的に値引きキャンペーンを行っており、普段だと1500円を超える実用車が800円前後に値下がりしたり、通常価格が400円前後の漫画本が、期間限定で100円から200円になります。タブレットPCがあれば、その端末に専用の電子書籍アプリをインストールするだけで、それが本の代わりになってくれますので、誰でも好きな時に、好きな作家の好きな書籍を読み始められます。
二つ目の電子書籍の長所ですが、タブレットPC一台を携帯するだけで、そこに全ての作品のデータを保存する事が出来ますから、紙の書籍とは違い、同時に複数の作品を持ち運べます。

紙の書籍だと普通の鞄に入るのは良くても2冊程度ですが、電子書籍なら端末の容量が許す限り、どんどん追加していけます。



100冊から200冊の実用書、漫画本を同時に携帯する事が出来るため、まさしく本棚を担いで常に移動しているような気分が味わえます。



出張が多いビジネスパーソンには嬉しい長所です。
また多種多様な漫画本を読みたい漫画ファンの方にも電子書籍はオススメです。

意外と収納に困ってしまうのが、マンガ本の欠点ですが、電子化されたデータであれば、物理的に存在しませんので大量に大人買いしても、部屋が狭くなる事はありません。
三つ目の電子書籍の長所ですが、タブレットPCで読書する事で、拡大やページのめくり作業が円滑に進められます。年齢を重ねてくると、自ずと視力が低下します。
実用書や小説の細かい文字や図画がなかなか分かりづらくなります。目を細めて本を眺めると、返って視力の低下が進行してしまいます。


一方で電子書籍なら端末の画面に触れて、拡大の操作をすれば、任意の部分が虫眼鏡で見たようにクローズアップされます。

またページ全体を広く表示する事もでき、作者の細かい描写やキャラクターの様子を余すところなく確認したいマンガ本にはとても嬉しい特長があります。


最新のモデルであれば、ページのめくりのアクションがアナログ風に演出されており、電子書籍ながらも、紙の書籍に近い読書感覚が得られます。

電子書籍とタブレット、今では両方とも所有なインターネット通販サイトで買えます。

通販サイトでしか買えない非常に安価なモデルもありますので、自宅周辺に家電量販店がある方も、そちらを要チェックです。
通販サイトでのお買い物の決済ですが、カード決済やコンビニ決済が使えます。



手数料も掛からず、お得に決済する事ができ、銀行振込よりも店舗側の確認が早いため、速やかに製品が届けられます。

関連リンク

img-2
デザインアンテナとはどういうものか

テレビアンテナは魚の骨のようなタイプの棒状のアンテナがこれまでの主流でした。しかし感度は良いものの屋根の上に上がって取り付けることが必要で倒れないように控えを取ったりして電気屋さんとかに頼むことも多いものでした。...

more
img-2
フラットアンテナが地上デジタル受信のトレンドに

かつて、テレビのアンテナと言えば、細長い針金のような物が飛び出していたり、巨大な魚の骨のような物を想像する方も少なくありませんが、ここに来てフラットアンテナが登場し、大きな話題となっているのと同時に、地上デジタル放送の受信方法の新しい形として、トレンドになりつつあります。まず、最初に目を惹くのは、その斬新なデザインです。...

more
top