フラットアンテナが地上デジタル受信のトレンドに

img-1

かつて、テレビのアンテナと言えば、細長い針金のような物が飛び出していたり、巨大な魚の骨のような物を想像する方も少なくありませんが、ここに来てフラットアンテナが登場し、大きな話題となっているのと同時に、地上デジタル放送の受信方法の新しい形として、トレンドになりつつあります。



まず、最初に目を惹くのは、その斬新なデザインです。

フラットアンテナは平面アンテナとも呼ばれ、ABSやポリカーボネートなどの樹脂で覆われた軽くて丈夫なボディは、突起物が一切無く、まさにフラットな板一枚を壁に貼り付けたような、見た目もすっきりした、これまでの概念を打ち崩すデザインです。

まるで絵画を飾るかの様に壁面に設置するので、従来の一般的なアンテナのようにポールを立てる必要が無いので、高さや、隣接する土地へはみ出す事を気にする必要もありません。

ポールを設置するには、三角の屋根の頂点や、縁等、場所が限られていましたが、それよりも遥かに面積の多い壁面であれば、設置場所の幅が広がります。

電波を受信できる角度が上手く合い、丁度軒下に設置する事が出来れば、景観を損なわないだけではなく、雨や風を極力避ける事が出来るので、屋根の上で野晒しとなるアンテナと比較して、経年劣化の抑止も期待できます。



このようなデザインや豊富な設置場所を可能にしたのは、地上デジタルは、アナログと違い、反射波を利用できることが挙げられます。

反射波とは、電波が壁等に当たり、跳ね返ってくる電波の事で、主に隣接する建物によって影響を受けるものです。



もしもアナログであれば、画面が2重に映るゴースト現象の原因となるもので、反射波は招かれざる客でした。

だからこそポールを立てて反射波の影響を避けられる場所に巨大な魚の骨のようなアンテナを設置する必要がありましたが、地上デジタルでは、反射波を含めた微弱な電波もひとつの電波として束ねて利用できるので、反射波がある事で、むしろ安定したアンテナレベルを得るために、僅かながらも貢献します。


このような事情から、フラットアンテナのように壁面に設置ができるのも地上デジタルならではで、アナログの時代には考えられなかった事です。


一方、電波障害のある地域や、弱磁界地域での利用が気になる所ですが、アンテナ本体とブースターが一体化したモデルも登場し、別途ブースターの設置場所を確保する必要が無いのも、このようなデザインであるからこそです。

当初は、一部のメーカーからしか発売されていなかったフラットアンテナですが、ここに来て各メーカーから発売され、商品の選択肢が充実してきた感があります。

ブースターの有無といった機能面に加え、壁面とポールの両方の設置に対応した製品や、これまでのアイボリーやブラックといった無難でありがちなカラーだけではなく、さまざまな壁の素材に合わせたカラーバリエーションも増えており、建物の美観を損なわず、利用シーンの広がりを見せています。

フラットアンテナの実現は、各メーカーの持つ確かな技術力の賜物であり、その優れたデザインと性能に大きな注目が集まっています。

関連リンク

img-2
電子書籍とタブレットの長所、両方とも買うなら通販で

タブレットPCは最高の「本」となります。今、社会的に知名度が上がってきているのが、いわゆる電子書籍です。...

more
img-2
外観を損なわずに美しい状態のデザインアンテナ

家庭内で利用する生活家電品の中には、多くのご家庭で欠かすことができないものとしてテレビを利用している方が多く存在しています。テレビに関しては古い時代ではブラウン管式のタイプが用いられてきましたが、現在では液晶テレビに移行していて、以前ではあまり見ることができなかったような大インチのテレビも普及をしています。...

more
top